令和三年の梅しごと

家庭でも数年前から梅シロップを作っています。

毎年6月にその年の青梅が届きだし、夏の暑くなった時に飲みだします。

うまく漬かれば果肉も焼菓子やジャムにすることができます。

一瓶で1キロの青梅を漬ける。

とりあえず一回目は5キロの青梅を3キロ使って三瓶。

きれいに洗って、水気をきっちり拭き取ります。

今年も奈良のナチュラル農場*岡田果樹園さんより仕入れました。

残った水気をさらに拭き取りながら青梅のヘタを取り除いていく梅しごと。

ヘタが一回で取れるとなんか気持ちがいい。一回で取れないと次こそはと頑張れる。不思議なおしごと。

瓶は熱湯と、食品用消毒アルコールでしっかりと除菌。

青梅1キロに対してグラニュー糖や氷砂糖を1キロ。

これからほぼ毎日瓶をくるくる回して育てていきます。

できるだけ青梅たちが氷砂糖やグラニュー糖に埋もれるように。

7月の後半でお店でお出しできれば良いなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

花屋にちさん

次の記事

令和3年桃パフェ試作記