令和3年桃パフェ試作記

KONONEKIの店主です。

毎年家庭でも岡山から桃を取り寄せて、桃ジュースや桃パフェを子どもたちに作ったりしていました。
もちろんお店で出すような凝ったものではありませんが、子どもたちは喜んでくれていました(*^^*)

お店でももちろん出したいので、数週間前より絵を書いて試行錯誤していました。
KONONEKIオープン前にも試作していたのですが、お客様に様々な桃のスタイルを楽しんでいただきたいので更に練り込んでスケッチし直しました。

2021年の桃パフェはこれで決まり!いよいよラフ画に合わせて試作していきます。

桃を使って材料を揃えました。今回は調理用の桃はジュース用の桃を仕入、フレッシュで使う桃は同じ農園からA品を仕入れました。調理する桃は多少傷があっても問題ないですし、何より味も変わりません。仕込みには結構手間が掛かりますが、素材の味が生ていると自負しています。

年によって同じ農園で桃を買っても味が違います

桃は凄く天候に左右される果物だそうです。
6月の終わりくらいから梅雨が明けるまで白桃が楽しめますが、その収穫の時期に雨量が多かったか少なかったかで桃の甘みや風味が大きく違ってしまうと聞きました。10年以上岡山より桃を購入していますが、確かに雨が多い年の桃は甘みが少ない事が多いと思っていました。収穫時期をずらしたりすることで対処できても、梅雨は1週間雨続き、なんてザラにありますし。気候相手となると本当に農家さんは大変なオシゴトだなと思います。
逆に空梅雨でまったく雨が降らなかった年は凄く甘いことが多かったです。でも雨が降らなければ降らないで違うトラブルも出てくるでしょうしホント大変だと思います。

でも、季節の果物を旬の時期に食べる

これだけで結構満足できたりします(^^)

2021年の桃パフェのカタチ

2021KONONEKI桃パフェ ¥1,300

KONONEKIで2021年の桃を是非お召し上がりになって下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

令和三年の梅しごと

次の記事

桃づくし