桃づくし

桃はキレイで市場で購入できる一級品の桃と、市場には出すことの出来ない当たりや傷の付いた加工用の桃があります。
加工用と言っても味は一級品の桃と変わらないものが多く、廃棄するにはあまりにも勿体ない桃たちです。稀に味が少し悪い子は居ますけど、調理段階で気がつくことがほとんどなので問題ありません。

桃づくしは、そういった一級落ちした桃を農家さんより購入し、私が一個一個丁寧に加工した桃を使っています。
最近は、ネットの普及により販売チャンネルも増加しましたので、そういった加工前提の果物を仕入れることが出来やすくなったようです。

一個ずつ中を確認しながら味をチェックしてコンポートにします。

コンポートをベースに色々なお菓子を作っていきます。こちらは桃ジャムクッキー

ブラマンジェと桃ゼリー

桃のスコップケーキ

桃タルトには紅茶クリームを合わせました

桃の風味がしっかりと抽出されたシロップを凍らせてグラニテに

多少当たりがあったり傷が付いていても、手間暇をかけてあげることで一級品の桃にも負けないデザートになりました。市場に出せないからと捨てられてしまう果物もあるのかも知れませんが、しっかりと調理してあげれば美味しいデザートにはやがわり。こういう工程が楽しくて、お菓子作りは止められません。

KONONEKIでは今シーズンの桃は既に終了いたしました。
また来年も桃パフェと桃づくしをやりたいと思いますので、KONONEKIをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

令和3年桃パフェ試作記