KONONEKIの食パン

KONONEKIでは基本のパンとして2種類の食パンを毎日焼き上げます。

向かって右側のパンは主にモーニングのトーストや、単品トースト、ハニートーストなどに使用しています。
対して左側のパンは主にサンドイッチやフレンチトーストに使用しています。

右側のパンは少し黄色味が強いですが卵など着色するような材料は使っていません。北海道産の小麦粉キタノカオリの持つ素材の色になります。基本的にはこちらのパンをサンドイッチに使うことはありません。
ふわもっちりに仕上げているこちらのパンは、トーストなどで適度にもぐもぐして頂けるように焼き上げています。もぐもぐが多い方が一枚での満足感が多いことと、もぐもぐして頂くことでキタノカオリが持つ小麦本来の味を愉しんで頂きたいと思って焼き上げています。

対して左側のパンは、メジャーなカナダ産などの輸入小麦粉をベースに国産の薄力粉を独自にブレンドし、ふんわりとした歯切れの良さを追求した食パンになります。輸入といってもクセが少なく扱いやすい美味しい小麦粉です。
たまごサンドにした時に、やわらかいたまごとふんわり歯切れの良い食パンが同時に噛み切れて、そのままお口の中で一体になることを意識して焼き上げています。。

キタノカオリを使って試行錯誤し、ふんわり歯切れの良い食パンを目指したのですが、どうしてももっちりとした食感が残ってしまい、たまごと一緒に噛んだ時に遅れてパンが噛み切れる感じを調整することができませんでした。また、無理に消そうとするとせっかくのキタノカオリの美味しい風味が消えてしまい、キタノカオリを使う意味がないと感じ、採用しませんでした。

そんな過程があって、北海道産小麦のキタノカオリはモーニングのトーストなどで、しっかりとした小麦の風味を愉しんで頂きたいと思い、毎日キタノカオリの食パンを焼き上げています。

あくまでも、基本的にです。
サンドの具によってはふわもっちりが合う場合もあるので、その場合はキタノカオリ食パンを使用することもあります。

今後もKONONEKIに食パンをよろしくお願いいたします。

    次の記事

    お店ができるまで其の二